ガールズバーの女の子をうまくアフターに誘う方法

ガールズバーの女の子をうまくアフターに誘う方法

一般的に男性がガールズバーに行く目的は女の子を落とすことです。でもガールズバーがいかに低価格とは言え、サラリーマンの給料を基準に考えれば、何度も通っていては破産してしまいます。だからまずはガールズバーの女の子と仲良くなってくアフターに誘うことから始めましょう。

 

自分は他の客とは違うことをアピールする

まず、お客さんになってはいけません。ガールズバーには毎日何十人とお客さんがきて、お目当ての女の子も数十分に一人のお客さんを相手にします。そのため大半の人はまるごと「お客さん」のまま終わってしまいます。最初の関門は「自分は他のお客さんとは違うんだよ」と女の子にアピールすることです。

 

例えば職業を聞かれたら「パイロット」と答えれば、その時点であなたはお客さんから「パイロットの人」になるでしょう。パイロットはそれだけ貴重な存在なので、すぐに覚えられます。また普段接する機会がない業界の人なので、女の子からの評価も上がります。

 

長くいても無駄

この人は普通のお客さんではないと思わせたら、あとは全力で女の子を楽しませてください。ただし何時間もお店にいても意味がありません。どんなに笑いが上手な人でも何時間も話していたら疲れてしまいます。大事なのは「この人とは楽しい時間しかなかった」と思わせることです。目安としては1時間から1時間半です。それ以上は無駄だし、逆効果です。

 

理想としてはお店の営業時間が終わる前です。そしてできれば送りがない子です。送りは直前でキャンセルするとキャンセル料を取られるところがあるからです。大抵は泊りになってしまうので、「タクシー代出すからこの後に飲みに行こうよ」と誘いましょう。そうすることで女の子は「一応返してくれるからだ以上かな」という安心感を得られます。

 

もしあながたアフターに成功したら、あとはあなたの力量次第です。お酒の力を借りてもいいですが、向こうもプロなのでそうそう落ちません。大事なことは勢いです。失敗することもありますが、「数打てばあたる」理論も大事です。失敗を恐れずにぜひガールズバーの女の子をアフターに誘ってみましょう。